結納 プラン

結納 プラン
プラン内容

【顔合わせ食事会】

結婚報告をして親からの了解が出たら、両家が親睦を深める「顔合わせ食事会]となります。最近では結納と組み合わせるケースや、結納の代わりにセレモニー感を盛り込んで進めるケースもあります。顔合わせの会場としては、下見もかねてホテル内のレストランの個室を使われる方が増えてきました。両家のスケジュールを合わせて日程を決め、顔合わせの1カ月前までに婚約記念品を準備するのがおすすめです。
※顔合わせ食事会を略式の結納と合わせて行う場合
当日結婚式の相談をしながらの顔合わせは、式の半年前が目安となります。男性からは婚約指輪、女性からはお返しとして時計やスーツのお仕立て券などを用意し、贈り合う場合が多いですが、儀式らしさを出すために、このほかに結納金を用意することもあります。

【結納】

結納とは、正式に婚約を調える儀式。地域によってやり方はいろいろですが、最近ではホテルで和やかに結納を行うカップルが増え、しきたりを重視する傾向はまだ根強くあります。結納を行う場合も結納だけでなく、「結納も食事会も両方行う」が多数派。「本当はこうしたかった」という声が後から出てこないように、ふたりを中心に両家で話し合って決めることが大切です。

結納の主な流れ
1. 結納品を飾る(関西式では男性側だけ)
2. 両家が挨拶して着席→
3. 男性側の父(または母や代理)がはじめの挨拶
4. 結納品を女性側に納める→
5. 女性側全員目録に目を通し確認後請け書を渡す→
6. 婚約記念品(指輪など)をお披露目
7. 男性の父親が結びの挨拶→
8. 祝宴のお食事